会社と会社の
プラットフォームになりたい


馬場 由衣

コンサルティング部 係長(2016年入社)

インタビュー

  • img01
  • 顧客の審査に立ち会うことの重みとそこに価値を提供できる喜び

    実際にコンサルタントになって担当顧客を持つようになり 思ったのは、私の仕事がすべて、そのまま顧客に提供するサービスになるということ。
    ほかの誰かがつくった製品やサービスを売るのではなく、サービスそのものを自分自身がつくり出していることを実感します。
    1社1社、違った取り組みをする中でいかにアドバイスができるかを常に考えています。

    2018年5月からは係長になり、部下が出来て、これまでやりきれなかったことを実現していく足場が整いました。
    これまでの「自分が頑張る」立場からもう一段目線を上げて、メンバーが思う「やりたいこと」と、自分が思う「やりたいこと」を重ねてチームで成果を挙げられるようになっていきたいと考えています。

一日スケジュール

Picture

案件会議

部下のタスク管理や案件の進捗状況を確認。できていないものに関しては一緒にできる方法を考えます。

10:00
Movie

訪問の準備

お客様先に持っていく書類の印刷・ファイリングや、お客様への事前連絡をします。

11:00
Picture

ランチ

社内にいる日は、普段現場に出ていて会えない社員とコミュニケーションをとります。

12:00
Location

移動

社内チャット・メールチェック、部下の業務進捗確認をします。

13:00
Location

お客様訪問

この日は、代表者の方に会社の方向性をヒアリング。仲の良いお客様で、楽しい打合せでした。

14:00
Movie

帰社

翌日の訪問準備のため、書類の確認や社内業務を消化します。

17:30
Movie

呑みーティング

チームメンバーと月1回の呑み会。仕事を忘れて、プライベートな話もたくさんして楽しみます!

19:00

他の社員を見る